雲仙ビードロ美術館

アンティークガラスの鑑賞と体験が楽しめる美術館、雲仙ビードロ美術館。日本のガラスの発祥地である長崎で、江戸時代には「ビードロ」と呼ばれてきた吹きガラスや、19世紀のボヘミアンガラスなどのアンティークガラスをコレクションしています。そのほか古伊万里などの陶磁器、絵画なども展示。また各種のガラスづくり体験が楽しめる工房も併設していて、ステンドグラス風写真立てやストラップ、キーホルダーなどを作ることができます。

種類
美術館・記念館
住所
長崎県雲仙市小浜町雲仙320
電話
0957-73-3133
アクセス
温泉中心部から約0.1km
営業時間
09:00~17:45
休業
水曜定休
入場料
幼児は無料、小学生は300円、中学・高校生は500円、大人は700円
参照
公式情報

新型コロナウイルス感染対策等により、施設の休業、営業時間の変更、内容の縮小などを行っている場合がございます。施設へあらかじめご確認のうえ、おでかけください。

雲仙ビードロ美術館の周辺マップ

温泉情報

雲仙ビードロ美術館の関連ツイート