「るるぶ」会員登録で電子書籍1500円分のクーポンがもらえる→

湯の川温泉

ゆのかわおんせん

北海道 函館市

子連れにおすすめランク:★★★★☆

湯の川温泉ガイド

湯の川温泉
photo by 663highland

湯の川八景と呼ばれた景観の、函館の奥座敷

函館の市街地に近く、函館空港もそばとアクセスに便利な湯の川温泉。北海道のなかでは歴史のある温泉で、老舗宿も残る味わいのある温泉街となっています。湯倉神社の境内に湯の川温泉発祥の地碑が立ちます。海に面し、イカ漁最盛期の夏~秋には漁火を眺められることも。湧出時の温度が高めなため、掛け流しにしにくく水を加えることが多いです。

湯の川温泉街の遊び場なら函館市熱帯植物園がありますが、ほど近い函館市街は大きな観光地なので、五稜郭をはじめ見どころが多いところです。函館市街を中心に遊ぶ計画を立てるといいでしょう。刺身、寿司など、海のグルメも堪能したいですね。夏なら海上花火大会も見ものです。

函館市街との行き来には、バスのほか、市電も利用できます。路面電車なので、乗ったことのない子供には市電も喜ばれるかもしれませんね。

評価
総合:★★★★☆
温泉:★★★★☆
観光:★★★★☆
宿泊:★★★☆☆
アクセス

公共:JR函館本線 函館駅からバスで約20分。または函館空港からシャトルバスで約5分。

車:道央自動車道 大沼公園ICから約35km。

目安時間

東京から:3時間(飛行機・電車・バス)

大阪から:3時間30分(飛行機・電車・バス)

泉質
塩化物泉
参照
函館湯の川温泉旅館協同組合

湯の川温泉周辺の子供と遊べるスポット

五稜郭公園

戊辰戦争最後の戦いの舞台となった公園、五稜郭公園。新撰組の最後の砦として作られた星型の城郭です。国の特別史跡です。お堀沿いに桜の木が並び、春には桜の名所として知られるほか、緑のなかを散策できる公園となっています。冬季にはイルミネーションでの飾り付けが行われ、函館の夜景を彩ります。その全体像を見るには、園内にある五稜郭タワーに上るといいです。

種類
建物・歴史/庭園・植物園
住所
北海道函館市五稜郭町44
電話
0138-40-3605
アクセス
温泉中心部から約4.3km
営業時間
05:00~19:00(冬季は~18:00)
休業
無休
入場料
無料
参照
詳細情報

五稜郭タワー

地上90mから五稜郭を見渡せる展望タワー、五稜郭タワー。五稜郭築城100年を記念して1964年に作られたタワーを初代とし、現在のタワーは2代目のもの。展望台からは五稜郭の星型の姿から函館山、津軽海峡などを遠望することができます。展望台フロアには五稜郭の歴史を学べる展示「五稜郭歴史回廊」があります。また強化ガラスの床に立って、真下が見られる「シースルーフロア」も体感してみて。

種類
建物・歴史
住所
北海道函館市五稜郭町43-9
電話
0138-51-4785
アクセス
温泉中心部から約4.5km
営業時間
08:00~19:00(季節変動あり)
休業
無休
入場料
小学生未満は無料、小学生は420円、中高生は630円、大人は840円
参照
詳細情報

函館市熱帯植物園

サル山や水遊び場もある植物園、函館市熱帯植物園。メインは植物園になりますが、子供向け遊び場もあります。ザイルクライミングや滑り台など遊具のある広場、バッテリーカー、夏場のみですが水遊びのできる広場もいいですね。サル山では、冬に温泉に入るサルを見ることができます。湯の川温泉街のなかにあり、時間があれば立ち寄ってみたいところです。

種類
公園/庭園・植物園
住所
北海道函館市湯川町3-1-15
電話
0138-57-7833
アクセス
温泉中心部から約0.7km
営業時間
09:30~18:00(冬季は~16:30)
休業
年末年始
入場料
小学生未満は無料、小・中学生は100円、高校生以上は300円
参照
詳細情報

函館山ロープウェイ

日本三大夜景の函館山に向かうロープウェイ、函館山ロープウェイ。125人乗りのゴンドラで3分ほどで山頂まで行けます。函館山から望む夜景はさすがに美しいです。夜の時間帯は混雑することも多いので、夕方の灯りが灯り始める頃がいいかもしれません。また、頂上が混雑しているときなら、このロープウェイからのほうがよほど夜景を眺めやすいことがあります。自然や野鳥観察に、日中に登ってももちろんいいです。

種類
乗り物
住所
北海道函館市元町19-7
電話
0138-23-3105
アクセス
温泉中心部から約6.9km
営業時間
10:00~22:00(冬季は~21:00)
休業
無休
入場料
3歳未満は無料、3歳~小学生未満は大人1名につき1名無料(2名から子供料金)、小学生は往復640円、中学生以上は往復1,280円
参照
詳細情報

函館公園こどものくに

日本最古の観覧車を有するこども遊園地、函館公園こどものくに。日本にある現役の観覧車としては最も古いもので、8席という小ささながら海の眺望も楽しめます。園内全体にレトロな雰囲気があるこぢんまりしたもので、遊具公園と遊園地との中間といった様子ですが、メリーゴーランド、フロッグジャンピングなどの大型遊具から100円で動く乗り物も楽しめます。小さい子供は喜ぶ公園です。

種類
遊園地/公園
住所
北海道函館市青柳町17-4
電話
0138-22-5039
アクセス
温泉中心部から約6.7km
営業時間
11:00~16:00(季節変動あり)
休業
天候不順は休み。冬季(11月中旬~3月下旬)休業
入場料
無料
参照
詳細情報

ほかにここもおすすめ

道南四季の杜公園
大型遊具もある道南初の道立公園
箱館奉行所
五稜郭の中央に復元された江戸幕府の役所
旧函館区公会堂
ハイカラ衣装で撮影も楽しいモダンな文化財
北海道立函館美術館
ワークショップイベントに参加したい美術館
函館市青函連絡船記念館摩周丸
内部見学ができる、青函連絡船最後の船

子連れで泊まりたい湯の川温泉の温泉宿

イマジン ホテル&リゾート函館

津軽海峡を望む露天風呂が自慢の旅館、イマジン ホテル&リゾート函館。湯の川随一の湯量を誇る自家源泉掛け流しの温泉で、特に展望露天風呂は眺望がよく、晴れた日には津軽半島、下北半島まで眺められます。屋外に海を眺めて落ち着ける足湯もあります。64やプレステなど懐かしのゲーム機でゲームが無料でできる「ファミコン道場」も楽しいです。

住所
北海道函館市湯川町3-1-17
電話
0138-57-9161
子連れ
×ベビールーム・キッズコーナー ×家族風呂 ×子連れ向け宿泊プラン
価格帯
お手頃
予約
詳細情報 るるぶトラベル

花びしホテル

趣の異なる3つの大浴場を備えた旅館、花びしホテル。1階の檜や岩の露天風呂などを備えた庭園大浴場と、最上階のステンドグラスのあるドーム型の臥牛の湯という2つの大浴場を楽しめます。客室は「本館」「臥牛亭」「末広亭」の3館にわかれて全131部屋、露天風呂付き客室、和洋室などバリエーションあります。バスチェアなど赤ちゃん向けグッズの貸出もあります。

住所
北海道函館市湯川町1-16-18
電話
0138-57-0131
子連れ
×ベビールーム・キッズコーナー ×家族風呂 ○子連れ向け宿泊プラン
価格帯
高級
予約
詳細情報 るるぶトラベル

湯の川温泉の周辺マップ

コメント