諏訪湖間欠泉センター

間欠泉と湯けむりを楽しめる施設、諏訪湖間欠泉センター。温泉掘削中の1983年に噴出した間欠泉は、高さ50mまで自噴し、当時は世界第2位の高さでした。現在では自噴が止まっているため、コンプレッサーで圧縮空気を送ることによって5mほどの高さへ噴出させています。噴出は1時間30分おき。施設内では諏訪地方がロケ地となった映画やドラマの資料を展示するコーナーや、諏訪湖の花火の展示があります。

種類
自然/博物館
住所
長野県諏訪市湖岸通り2-208-90
電話
0266-52-8282
アクセス
温泉中心部から約0.6km
営業時間
09:00~18:00(冬季は~17:00)
休業
無休
入場料
無料
参照
公式情報

新型コロナウイルス感染対策等により、施設の休業、営業時間の変更、内容の縮小などを行っている場合がございます。施設へあらかじめご確認のうえ、おでかけください。

諏訪湖間欠泉センターの周辺マップ

温泉情報

諏訪湖間欠泉センターの関連ツイート